• 人間ドック予約専用:0120-60-3195 / 内科:03-5338-2380 / 精神科・心療内科:03-3360-0031 / 復職デイケアLife:03-3360-0031
精神科·心療内科

こんな症状でお困りではありませんか?

代表的な症状

精神科が治療対象とする主な疾患について簡単にご説明します。
心当たりがある場合は、お気軽にご相談ください。

社交不安障害

人前で緊張したり不安になることは誰にでもあります。しかし、過度に緊張して人前で字が書けなくなったり、息苦しさやめまい、震えの症状が出るなど、生活に支障がでるようなら、社交不安障害の可能性があります。

パニック障害

死ぬのではないかと思うほどの恐怖感や激しい不安、それに伴う動悸や発汗、頻脈、息苦しさ、めまいなどに襲われます。こうした発作が繰り返し起こり、外出したり電車に乗ったりすることが困難になります。検査をしても身体的な異常が見当たらないのが特徴です。

強迫性障害

手洗いを繰り返す、戸締まりやガス栓を何度も確認する、儀式行為を繰り返すなど、強迫観念にとらわれるようになります。また、順序や左右対称に過度にこだわるなど、つまらないことだと分かっていてもそのことが頭から離れず、日常生活に支障をきたします。

うつ病

ゆううつな気分がつづく、不安や焦燥感に襲われる、意欲が低下する、悲観的になる、など、若年層から高齢層まで世代を問わず発症する病気です。軽度から重度まで様々で、うつ状態も人によっていろいろな症状や病気の状態があります。

統合失調症

「誰かに見張られている」「盗聴器を仕掛けられている」などの妄想や幻覚にとらわれ、現実と非現実の区別がつかない状態になります。日常生活においても適切な会話や行動、作業ができにくくなるなど症状は多様で、医師の診断が必要です。